EDの悩みはなかなか言い出しづらい、恥ずかしいなど一人で悩むケースがほとんどです。そんな中、勇気を振り絞ってEDだと打ち明けてくれた人に対してあなたは何て言葉をかけますか?もしかしたらその言葉は無意識に相手を傷つけているかもしれません。

EDで悩んでいる男性に対して傷つけている人たち

EDを解消してセックスを持続させる対策

EDになると血流障害により、セックスをしても持続できなくなります。
挿入してもすぐ中折れする方もEDなので、ED治療薬を服用して対策する必要があるでしょう。
EDとはセックスが失敗する行為全般を指すため、セックス前にガチガチの状態でも中折れすれば該当するのです。
またオナニーではフル勃起するけど、セックスになると緊張して勃たないという方も同じです。

持続力をアップさせるためには精力剤が役立ちますが、3~6ヶ月は飲み続ける必要があるでしょう。
勃起不全は時間をかけて少しずつ進むため、改善にも時間がかかるのです。
6ヶ月かけて勃起不全になったものを、3日で治すことは絶対にできません。
規則正しい生活を送っていても、数ヵ月はかかると考えていいでしょう。

持続力が減退してしまう理由には、心因性の問題もあります。
気持ちが落ち込んでいると、セックスに集中することができません。
前回失敗したから今度もダメなどと考えてしまうと、本当に勃たなくなります。
脳が性的興奮を覚えると勃起するように、ペニスは思考に対して非常に敏感なのです。
自分で調子が悪いと考えたり、今日も失敗するなどと思い込んでしまえば、本当に考えた通りのことが起こります。
失敗したことをくよくよ考えても状況は改善しないので、さっぱりと頭から忘れることが大切でしょう。

喫煙やお酒の飲みすぎもEDを促進し、ペニスの勃ちを悪くします。
血行不良を引き起こす習慣は、すべて勃起不全につながると考えていいでしょう。
食生活で脂肪分の多い食品ばかり摂っている方だと、30代の前半くらいから勃ちが悪くなることがあります。
生活習慣の中でも食習慣は特にペニスの状態に反映されやすいので注意が必要です。