EDで悩んでいる人を追い詰めないで

EDの悩みはなかなか言い出しづらい、恥ずかしいなど一人で悩むケースがほとんどです。そんな中、勇気を振り絞ってEDだと打ち明けてくれた人に対してあなたは何て言葉をかけますか?もしかしたらその言葉は無意識に相手を傷つけているかもしれません。

EDで悩んでいる男性に対して傷つけている人たち

EDで悩んでいる人は知らないだけで多くいる

EDで悩む方は、周囲になかなか相談できるものではありません。自分だけがEDなんじゃないかと思い、よけいに相談できず、一人で悩んでしまう方もいるでしょう。EDの場合には、加齢に伴い、発症する確率は上がりますが、近年では、さまざまな原因により、若い世代であっても、EDになる方も増えてきています。EDになる原因としては、ストレスや食生活によるものや、飲み会などが多いサラリーマンなどは、アルコールの多量摂取、喫煙などもあげられます。その他にも、生活習慣病などを発症している場合などは、EDになりやすい傾向もあるため、まずは生活習慣の改善をしていくことが大切です。不規則な生活を改善して、規則正しい生活習慣を身につけることも大切です。また、夜更かしを控え、しっかりと睡眠をとることや、慢性的な運動不足にならないために、適度な運動をすることも必要です。運動不足の場合には、血行不良や、脂肪が体につきやすいため肥満の原因にもなります。肥満になることで、糖尿病や高血圧などにもなりやすいため、定期的に運動をする習慣をつけ、代謝機能を高め、体を動かすことで、脂肪を燃焼させてダイエットをすることもED対策につながります。日々、なんとなくだらだらと過ごしていると、体調不良やその他にも、体に悪影響を及ぼし、病気になりやすい状態になりかねません。ED対策としてだけでなく、自分の健康や体を大切にするためにも、生活習慣の改善を心がけていくといいでしょう。また、飲酒や喫煙などもできるだけ控えることで、健康維持につながります。飲酒は、適量ならばそれほど問題ありませんが、頻繁にアルコールを摂取すると肝臓にも負担がきます。適度に肝臓を休めるために、アルコールを摂取しない日などもつくるといいでしょう。

EDの人に対して言ってはいけない言葉

EDになってしまったということを言われてしまった場合、言われた側はさまざまなことを考えてしまうものです。友人や知人であれば軽く「気にするな」などのように励ませるでしょうが、妻や恋人といったパートナーになるとそうも言っていられません。性行為のみを目的としてパートナーになったわけではないとはいえ、やはり妻や恋人といった男女関係となると性行為が重要なコミュニケーション手段になることが多いです。従って関係が深いほど相手に何か言葉をかけなくてはならないとなるのですが、ここで言ってはいけないのは「どうしてそうなってしまったのか」といった相手を責める言葉です。本人に責める意思が無かったとしてもEDになってしまった人は自分に原因があると思い込んでしまいやすい傾向があり、どうしてそうなってしまったのかと言われることで却って自分を追い込んでしまうことがあります。そうなると精神的なプレッシャーがさらに強まり、EDの症状が悪化することにつながってしまうのです。また当然のことですが「他に女ができたのでは無いのか」といったことも禁句です。浮気などによる罪悪感によって勃起が妨げられるというケースがあり得ないとは言えませんが、全体からみればそうしたことをしてEDになるというひとはほとんどいません。ほとんどの場合は浮気などに関係無く、身体的な不調や日常生活において蓄積されたストレス、プレッシャーといった要因によってEDが発生しているわけですから、浮気が原因であるというのは考慮するに値しないものと考えてください。EDはしっかりと治療に取り組めば大半が完治できるものですが、EDと精神は極めて複雑な関係を有しています。不用意な一言で相手を傷つけ、完治を遠のけてしまわないように思いやりの心を持つようにしましょう。

EDを打ち明けられた時の対応、治療を応援しよう

パートナーからEDであると打ち明けられた場合、女性としてはさまざまな思いが巡ることになります。例えば「自分への愛が無くなってしまったからそうなってしまったのではないか」、「別の女性を好きになったことを誤魔化しているのではないか」といったことはよく抱かれることなのですが、EDであると打ち明けられた時にこういったことを伝えるのは極めて良くないことです。EDというと根性が無い、性欲が無いといったような誤解を受けることが多いのですが、実際にはそうしたことが原因になっているケースはほとんど無いのです。大半のEDは肉体的な原因によって引き起こされていたり、精神的な原因によって引き起こされます。そしてこのうち「精神的な原因」というのがくせ者で、例えば性行為におけるプレッシャーや私生活におけるストレスが原因でEDが引き起こされるということも多くなっているのです。そうしたことがあるにもかかわらずEDであることを打ち明けられたパートナーが手厳しい言葉を男性に向けるということになると、それによってEDがさらに悪化して治りづらいものになってしまうことがあります。本来であれば少し投薬治療をして体調を戻せば治っていたようなものがパートナーの女性の言葉で悪化してしまい完治が遠のくというのは一番避けなければならない事態でしょう。実際のところ、最初に述べたような愛が無くなった、別の女性と肉体関係を持ったといったことが原因になっているケースもゼロではありませんが、全体数から見ればごくごく限られたものです。ですからEDを打ち明けられた女性は相手や自分を責めるのではなく、まず寄り添って回復できるように治療を応援するように心がけてください。

◆EDは治療薬で治せます!諦める前に医薬品に頼りましょう!
シアリスに頼る
◆ED治療薬の中でも即効性があるレビトラがおすすめ
レビトラの正しい服用方法
◆ED治療には精力増強サプリメントも有効です
サイズプロウルトラ